診療予約 〈初診の方〉
診療予約 〈再診の方〉

〒762-0032 香川県坂出市駒止町1-4-2

TEL:0877-45-3710
よくあるご質問はこちらから

香川県坂出市の矯正専門のクリニック|こうざと矯正歯科クリニック

小学生(混合歯列)の治療

スマイルスタッフ日記 院長のスマイル通信
口腔がん検診・口腔健診
HOME»  小学生(混合歯列)の治療

幼稚園の年長さん、小学校の低学年になると、どんどん子供の歯が抜けてきます。
この時期になると、大人の歯がなかなか生えてこなかったり、ゆがんで生えてきたりと、お母さんはとても心配になると思います。

どうするのがいいのでしょう?

基本的に、がたがたや出っ歯さんの場合は、定員オーバーです。電車の10人乗りの長いイスに、12人ぐらい座っているのと同じです。

定員オーバーを解消するためには、二人立ってもらわないといけません。つまり歯を抜くということになります。

しかしこの時期は、どんどん大きくなっている時期です。
いっぱい運動して、たくさん食べることで、どんどん成長して大きくなってゆきます。

この限られた時間を使って、矯正治療で顎の骨を大きくすることができます。
つまり、10人乗りのイスを12人乗りまで大きくすることができるんです。

ここで大切なことは、いつまで成長するのか?ということです。成長が終わりかけていると、骨を大きくすることは難しいのです。
女の子は男の子よりも早く成長が終わってしまいます。

健康に育ってゆくために、歯を抜かずに治療していくためには、この時期からしっかり骨を作ってゆく必要があります。
それはたくさん運動してしっかりした骨格と筋肉を作ってゆくのと同じことです。

歯並びの治療はいつからでもできます。しかし成長に合わせた治療に最も適した時期と言っても良いでしょう。

いまお口の中に何本子供の歯が残ってますか?

PAGE TOP